ボランティアガイド

教室に今日、新しい風を吹かせよう!


なぜボランティアをするのか

過去にボランティアをした方のご意見

  • 「私の経験の中で最も大きかったのは、クラス全体が女性で人種も様々だったことです。そうした子どもたちに刺激を与える機会に恵まれたのは、私たちの産業の未来にとって幸先がよいことでしょう。」
  • 「若い女の子に技術習得を勧めることがとくに楽しかったです。地元の次の世代の人々の手助けをしている気分になりました。」
  • 「私は、子どもたちがワクワクしているのを眺めるのが大好きです。 一つ驚いたのは、成績がそれほどよくない子どもたちの中には、開発者のように考え、他の子が学ぶのを助けることに優れている子もいることに先生たちが気付いていたのです。

誰でもボランティアできます。

Volunteers and speakers in tech:

Do you have a connection to CS or tech? あなたがソフトウェアエンジニアリングや(部署や業務内容を問わず)テックカンパニーで働いている、またコンピュータサイエンスのコースを受講したことがあるのであれば、子どもたちに新しい経験をさせる手伝いができます。 テックカンパニーで働く人にあったことがある子どもはほとんどいないため、先生方は教室を専門家や大学生につなげたいと思っています。

You can be a guest speaker in a classroom, or help a teacher run the activity. Visit a local classroom to inspire students to keep learning computer science.



Anyone passionate about expanding opportunity:

Do you believe that learning computer science can open doors of opportunity for students? 地元の学校に掛け合ってみるか、放課後に子どもたちが集まりやすいイベントを企画してみましょう! Hour of Codeに取り組むのに、コンピューターサイエンス教育に詳しい必要はありません。 自分の子どもの学校の先生や友人、クラブに1時間の体験イベントを提案してみるだけでも十分次につながる可能性があります。

How do you get started?

  1. Send this email to your child’s teacher offering to help them run an Hour of Code.
  2. Offer to host an Hour of Code event after school at a local school. Use this How-To Guide to help you plan.

同僚をボランティアに誘ってみましょう

Tell your friends and co-workers about the Hour of Code. Thousands of teachers are looking for volunteers, so ask them to sign up as a volunteer. Ask your employer to get involved. Send this email to your manager or the CEO to get everyone on board.

準備の仕方

  • チュートリアル動画を選んで、クラスの子どもたちがHour of Codeをやりたくなるよう、注意を引きつけましょう。
  • Hour of Code ボランティアツールキット をみてみましょう。Hour of Codeの概要や進行表、備品、広告用の素材が含まれています。 ボランティアを始めるために必要なすべて物がそろっています。
  • セッション中にチュートリアルを行ってみる場合は、30分ほどかけて少なくとも1つのHour of Code チュートリアルを試してみてください。
  • 学校を訪れる場合は、身元確認など必要な書類を事前に完成させておきます。
  • どのように子どもたちと交流するか、こちらのヒントを確認してみてください。
  • #HourOfCode ハッシュタグとともに、FacebookやTwitter、Instagram、Tumblrでのコミュニティに参加しましょう。
  • 先生方と交流し、セッション中に話そうとしている内容について話し合いましょう。
  • オンラインでサポートをする場合には、AV機器や画面共有の方法について事前に確認しておきましょう。

Hour of Code イベント当日

When you're hosting an Hour of Code event, follow the sample agenda below to help guide your day. Before then, make sure you sign into the school and greet the teacher the day of the event. Confirm the agreed schedule for the day and discuss any talking points.

Sample agenda:

時刻 内容
5 分 子どもたちがワクワクするようなビデオを見せる
5 -10分 自己紹介・子どもたちと交流
  • 自分の仕事内容、仕事の好きなところ
  • 誰に感銘を受けたのか
  • コンピューターサイエンスに関心を持ったきっかけ
  • コンピューターサイエンスを学ぶ際にメンターはいたかどうか
  • テクノロジーがみんなにとってどのように影響を与えるのかについて話す

  • 子どもたちにも質問をする。質疑応答の時間も設ける。
  • どんな仕事に興味があるか、どんな機器/ アプリが好きか、それらがどんな風に出来上がっていると考えているか
  • 子どもたちはどんなことを自分に質問したいか
  • 30-60分 コードを書く 会場を歩いてまわり、質問が上がれば答え、難しいパズルを解くことができるように、導いてあげましょう。 すぐに答えを教えるのではなく、どこで間違えたのかを子どもたちが自分で気づけるように質問して導いて上げましょう。さらに、子どもたち同士で聞き合ったり教えあったりできるように促してみましょう。 お互いに学び合えることは、学びの機会を最大限に活かすことに繋がります。
    1-3分 結びの挨拶をしましょう。企業のノベルティ等を配ることができればなお良いです。
    終了後 継続的な変化をもたらしましょう Hour of Codeを継続的なコンピューターサイエンスのコースにしていくこと/ 継続的に授業に取り入れることについて、学校の先生と話してみましょう。 code.org/yourschoolをみて先生と一緒に学校の教員の現状について回答し、授業の中でコンピューターサイエンスを継続的に取り入れることを約束してもらいましょう。
        <h3>
          After the Event:
        </h3>
        <ul>
          <li>
            写真等の記録をCode.orgに@code.orgで共有しましょう
          </li>
          <li>
            自身の企業にボランティアした時間を申告しましょう
          </li>
          <li>
            SNSで#HourOfCodeを使ってあなたの経験をシェアしましょう
          </li>
          <li>
            イベントで<strong>特に児童の</strong>写真や動画をとる際、さらにイベント後にSNS等でのシェアを考えている場合には、先生や保護者の方に同意を必ず得るようにしましょう
          </li>
          <li>
            1ヶ月頃をめどに、先生がコンピューターサイエンスを子どもたちにもっと提供したいと思っているかを確認しましょう <br /><a href="https://code.org/yourschool">リソースを共有し、専門的に学ぶことができるように支援しましょう</a>
          </li>
        </ul>
        <h2>
          ゲストスピーカーとして技術面の支援を依頼される手順
        </h2>
        <ul>
          <li>
            先生方は<a href="https://code.org/volunteer/local">ボランティアマップ</a>からボランティアを探します
          </li>
          <li>
            できるだけプロフィールを完成させることで、より多くの先生からの依頼を受ける可能性が高まります
          </li>
          <li>
            この連絡先情報から、先生はあなたに連絡します(あなたのメールアドレスが先生に公開されることはありません) <em>先生からの依頼が多すぎる場合には、先生からのメースの末尾にあるリンクから、いつでも設定を変更することができます。</em>
          </li>
        </ul>
        <h2>
          Hour of CodeのボランティアFAQ
        </h2>
        <h3>
          I haven't been contacted by a teacher yet. How can I still volunteer?
        </h3>
        <p>
          Try searching for local schools and call the principal/teacher/front office and ask how you can help.
        </p>
        <h3>
          How long do classroom visits last for?
        </h3>
        <p>
          An in-person classroom visit usually lasts 60-90 minutes while a virtual classroom visit usually lasts 20-30 minutes.
        </p>
        <h3>
          What age group is the Hour of Code activity appropriate for?
        </h3>
        <p>
          Code.org and our partners design all the Hour of Code activities to engage students of all grade levels (K-12), boys and girls, from all backgrounds. Everyone, even adults can have fun playing!
        </p>
        <p>
          <a href='/jp/#join'>
    

        </p>