How to do an Hour of Code with your child

Complete an Hour of Code at home or volunteer to bring it to your child’s classroom!


1) このビデオを見る

2) Choose a tutorial

We provide a variety of fun, hour-long tutorials for students of all ages, created by a variety of partners. Try them out!

All Hour of Code tutorials are self-guided - allowing your child to work at their own pace and skill level

3) 必要なテクノロジーを準備する

The best Hour of Code experience will be with Internet-connected computers. But you don’t need a computer. There are many activities that are "unplugged" and can be done without any technology at all. Test tutorials on your computer or device. Make sure they work properly on browsers with sound and video.

Want to learn alongside your child? Try pair programming. Computer science is social and collaborative.

4) Start your Hour of Code with an inspiring video

まずは、コンピュータサイエンスが私たちの身の回りの生活にどのような影響を与えているのかといった話をすることで、あなたのお子さんの興味を引き付けましょう。

以下のビデオを見せると効果的です。

あなたとお子さんの両方がコンピュータサイエンスについてよく知らなくても問題ありません。以下のようなやり方でHour of Codeのアクティビティについて説明してみてはどうでしょう。

  • Explain ways technology impacts our lives, with examples both boys and girls will care about (Talk about saving lives, helping people, connecting people, etc.).
  • コンピュータが使われているシーンをリストアップしてみましょう。
  • 女の子にコンピュータサイエンスに対する興味を持ってもらうヒントはこちらをご覧ください。

もっと多くのアイデアが必要ですか?経験豊富な教育者からのベストプラクティスとして、レッスンプランのテンプレートをご確認ください。

5) コードを書く!

やってみようと思うチュートリアルを選んだら、チュートリアルの短いリンクをブックマークしておきます。

お子さんが困っている時には

以下のように対応するとよいでしょう。

  • 「私もわからないから、一緒にやってみよう。」
  • 「コンピュータは、思った通りに動くとは限らないんだよ。」
  • 「プログラミングを学ぶということは、新しい言葉を学ぶことと同じなんだ。すぐにペラペラにはなれないよ。」

6) ほめてあげる

お子さんにあげる(そしてあなたにも)認定書を印刷します。

Hour of Codeのイベントの様子を撮影した写真やビデオをソーシャルメディア上で共有しましょう。 #HourOfCodeハッシュタグや@codeorg参照を使うと、我々があなたの取り組みをハイライトすることもできます!

Review the Hour of Code FAQ if you still have questions.

Hour of Codeを終えたら?

The Hour of Code is just the first step in a journey to learn more about how technology works and how to create software applications. To continue this journey:

  • Encourage your child to continue to learn online.
  • Help promote computer science education in your child’s school district.