サインアップ

Hour of Codeを多くの人に知ってもらうには

Hour of Codeの活動に注目してもらうために必要なリソースをご覧ください。どこから始めたらよいのかわかりませんか? Hour of Codeを主催するためのハウツーガイドをご覧ください!


以下の資料を使って、Hour of Codeを広めよう

このチラシを使って、Hour of Codeを広めましょう

以下のイベント開催ガイドを使って、イベントのプランを建てよう

以下のビデオは、コンピュータサイエンスの重要性を生徒に感じさせるのに役立ちます:

このポスターを学校に貼りましょう

マララ、スティーブン・カリー、シャキラなどを前面に出した新しいポスターセットができました! 今年は、どのポスターセットにもポスター6枚と「私はHour of Codeを行いました」ステッカー126枚が入っています。 数量に限りがありますので、 ポスターセットのご注文はお早めにお願いします。 ご自身で印刷する場合は、下の画像をクリックして表示し、印刷可能な形式で保存してください。

ソーシャル メディアに投稿する

画像     画像    

画像     画像    

画像     画像     画像    

Hour of Codeを広めるためにロゴを使う

画像 画像

高解像度バージョンをダウンロード

「Hour of Code」と「Hora del Código」は商標登録されています。これらの使用を妨げることは意図していませんが、以下の通り使用に際して若干の制限があります。

  1. 「Hour of Code」や「Hora del Código」に言及する場合にこれらの名称が記載者のブランド名を想起させるような使用はお控えください。これらの名称はできれば草の根運動として言及する際にお使いください。
  • 良い使用例: 「あなたの会社名.comのウェブサイトでHour of Code™に参加しましょう」
  • 良くない使用例:「あなたの会社名のHour of Codeをお試しください」
  1. 「Hour of Code」に言及する場合、最も目立つ箇所に"TM"のマークを上付きで追加し、また「Hora del Código」の場合、あなたのウェブサイトとアプリケーション内容記載に際して最も目立つ箇所に "Ⓡ" のマークを上付きで追加してください。
  2. CSEdWeekとCode.org ウェブサイトへのリンクを自社ウェブサイトのページ(またはフッターとして)に貼る場合、以下の文言を記載してください。

    「『Hour of Code™』/『Hora del Código®』はコンピューター教育週間 [csedweek.org]とCode.org [code.org]による、数百万人もの生徒にコンピューターサイエンスとコンピュータープログラミングを1時間体験してもらうためのグローバルな取り組みです。」

  3. 「Hour of Code」や「Hora del Código」はアプリ名には使えません。

ステッカーを印刷して生徒に配布する

(ステッカーは直径1インチサイズで63枚/シートです)

画像

地元の人にHour of Codeへの参加を呼びかけ、メールでイベントを宣伝

Hour of Codeを話題にする際の情報や使える文言をご覧ください。


学校、雇用主、友達にイベントの開催を依頼する

件名: 私と1億人以上の生徒たちと一緒にHour of Codeに参加しませんか

至る所で使われているコンピューターは世界中の会社や組織を変革しています。 しかし高校でコンピューターサイエンスの授業を行っているのは現状わずか51%です。 良いニュースは、私たちはこの現状を変えようとしているということです! すでにHour of Codeのことを知っている方であれば、私たちが新たな歴史を刻んだこともご存知でしょう。 1億人以上の生徒がHour of Codeを体験しました。

With the Hour of Code, computer science has been on homepages of Google, MSN, Yahoo!, and Disney. Over 100 partners have joined together to support this movement. 世界各地の Apple StoreでHour of Codeが開催されています。またこれまでにオバマ米大統領やジャスティン・トルドーカナダ大統領がキャンペーンの一環として初めての1行のコードを書きました。

今年、皆様と一緒にこの運動をさらに盛り上げていきたいと考えています。 Hour of Code 2022へのご参加をお願いします。 加えて、コンピューターサイエンス教育週間10月1日~12月18日に当たり、Hour of Codeへご参加ください。

みんなに知らせましょう。イベントを開催しましょう。地元の学校に開催をお願いしましょう。もしくは、自分で Hour of Code を試しましょう。基礎を学ぶことでだれもが恩恵を受けられます。

http://hourofcode.com/au/ja から始めましょう。


学校でのボランティア:

学校でのボランティア活動の情報とリソースについてはこちらをお読みください

件名: Hour of Codeを主催するあなたへの支援

10月1日~12月18日の実施期間中、世界中で10%の生徒がそれぞれの学校でHour of Codeに参加してコンピューターサイエンス教育週間を祝います。 この記念週間は、すべての子どもが身の回りのテクノロジーの仕組みを知るよい機会となっています。

[所属組織/自分の氏名]は[学校名]のHour of Codeイベント実施をサポートしたいと思っています。 私たちは教師の皆様が授業でHour of Codeを実施するのをサポートいたします(コンピューターは不要です!)。また、学校で集会を開催するときに、技術の仕組みやソフトウェアエンジニアは何をしているのかをお話できる後援者の手配も可能です。

生徒たちはオリジナルのアプリやゲームを作って保護者に披露します。生徒にはHour of Code認定書を印刷して渡します。 また、イベントはとても楽しいです! 相互にやり取りして直に触れ合えるアクティビティで、生徒は無理なくコンピューター的思考スキルを養えます。

至る所で使われているコンピューターは世界中の会社や組織を変革しています。 しかし高校でコンピューターサイエンスの授業を行っているのは現状わずか51%です。 良いニュースは、私たちはこの現状を変えようとしているということです! すでにHour of Codeのことを知っている方であれば、歴史を刻んだこともご存知でしょう。1億人以上の生徒が実際にHour of Codeを体験しています。 世界各地の Apple Store でHour of Codeを開催しています。またこれまでにオバマ大統領やジャスティン・トルドーカナダ大統領がキャンペーンの一環として初めての1行コードを書きました。

イベントの詳細はhttp://hourofcode.comでご覧ください。また、[学校名] の参加方法について話し合うための日程は私たちにご連絡ください。


保護者に学校でのイベントについて知らせる:

件名: 生徒がHour of Codeで未来を変えています

保護者各位

私たちはさまざまな技術に囲まれた世界に住んでいます。 そして子供たちが将来の仕事分野にかかわらず、コンピューターやプログラムの働きについての理解があると仕事で大いに役立ちます。

しかしテクノロジーの仕組み を知っているのはごくわずかな人たちです。コンピューターサイエンスの授業を行っている高校は現状わずか51%です。

だからこそ学校全体が史上最大の学習イベントに参加しています。それがコンピューターサイエンス教育週間 (10月1日~12月18日)中のHour of Codeです。 既に、全世界で一億人以上の生徒がHour of Codeを試しました。 私たちHour of Codeは、[学校名]が21世紀の基本スキルを教える準備が整っていることを宣言しています。 生徒のプログラミング学習の機会提供を今後も続けていくため、私たちはHour of Codeイベントを拡大していきたいと考えています。 ボランティアや地元メディアに働きかけてソーシャルメディアチャンネルでニュースを共有したり、コミュニティでHour of Codeのイベント開催の検討をお勧めします。

これは[市町村名]の教育の未来を変える良い機会です。

詳細はhttp://hourofcode.com/au/ja をご覧ください。Hour of Codeの普及にご協力をお願いします。


メディアをあなたのイベントに招待する:

メディアをイベントに招待するための詳細情報はプレスキットをご覧ください。

Subject line: Local school joins mission to introduce students to computer science

至る所でコンピューターが使われ、世界中の会社や組織を変革しています。しかしコンピューターサイエンスの授業を行っている高校は現状わずか51%です。 Young women and students from marginalized racial and ethnic groups are severely underrepresented in computer science classes, and in the tech industry. 良いお知らせは、私たちはこれを変えようとしているということです!

With the Hour of Code, computer science has been on homepages of Google, MSN, Yahoo!, and Disney. Over 100 partners have joined together to support this movement. Every Apple Store in the world has hosted an Hour of Code. Even President Obama wrote his first line of code as part of the campaign.

[学校名] の[X番号] の生徒全員が、コンピューターサイエンス教育周間(12月6〜12日)で史上最大の学習イベントHour of Codeに参加しているのはそのためです。

I'm writing to invite you to attend our kickoff assembly and to see kids start the activity on [DATE].

The Hour of Code, organized by the nonprofit Code.org and over 100 others, is a global movement that believes the students of today are ready to learn critical skills for 21st-century success. ぜひご参加ください。

Contact: [YOUR NAME], [TITLE], cell: (212) 555-5555 When: [DATE and TIME of your event] Where: [ADDRESS and DIRECTIONS]

I look forward to being in touch.


学校のイベントに地元の政治家を招待する:

もっと情報が必要ですか?イベントに政治家を招待する方法をご覧ください。

件名: Hour of Codeで未来を変える学校に参加しませんか

[市長/知事/代表者/議員の名前]様:

米国で給料が最も高い職業はコンピューター関連であることをご存知でしたか? 昨年米国内では50万以上のコンピューター関連求人がありましたが、その内卒業後、実際に職に就いたコンピューターサイエンス専攻学生はたったの42,969人でした。

今日、コンピューターサイエンスはどの業界でもその根幹をなす重要な分野でありながら、大半の学校ではコンピューターサイエンスの授業がありません。私たちは、[学校名]でこの現状を変えていきたいのです。

だからこそ学校全体が史上最大の学習イベントに参加しています。それがコンピューターサイエンス教育週間 (10月1日~12月18日)中のHour of Codeです。 既に、全世界で一億人以上の生徒がHour of Codeを試しました。

この度は、Hour of Code のイベントにご参加いただき、キックオフ集会で講演いただけないかとご連絡いたしました。 イベントの開催は[日時、場所]です。これは、[県や市名] が生徒たちに21 世紀を生きる上で重要なテクノロジーを教えようとしている証となります。 生徒たちが、未来のテクノロジーをただ使うだけでなくそれを生み出す最前線で活躍できることを期待しています。

[電話番号またはメール アドレス] までご連絡ください。お返事をお待ちしております。

サインアップ