サインアップ

Hour of Code 集会やイベントを開催する方法

すべての学校、地域住民にHour of Codeを普及させましょう!


1. イベントの準備

  • 場所と日時を決めます。
  • 地元の市長、議員、知事や有力な実業家に手紙を送ってスピーチをお願いしましょう。 Hour of Codeに議員を迎えるときの詳細は、 ハウツー・ツールキット をご覧ください。
  • メディア/プレス (例: 地元のニュース局、新聞、教育/技術ブロガー)を招待します。プレスキットをお役立てください。

2. イベント中

  • 学習意欲を高めるビデオを使ってイベントを開始します。
  • コンピュータサイエンスがなぜ重要なのか、こちらの統計やインフォグラフィックで紹介します。

  • ** その他のイベントアイデア **:

    • 地元の業界リーダーを招いてコンピュータサイエンスに関連する仕事について話し合います。
    • 地域の政治家を招待して、生徒が先生役となり、その政治家にコーディングを教えてみましょう。
    • 生徒のグループに、オフラインアクティビティのデモを行ってもらう。
    • 生徒のグループが、校長や先生たちにコーディングを教えてみる。
    • 既に学校でコンピューターサイエンスを教えているのであれば、生徒にそこでのプロジェクトのデモをしてもらいます。

3. 結果の共有

Facebook やTwitter でイベントの写真をシェアしましょう。ハッシュタグは #HourOfCodeです。


Example plan for a school assembly or event

Event: School-wide Computer Science Education Week kick-off assembly

Date: Oct. 1 (start of Computer Science Education Week)

Time: During the school day. Mid-morning event preferred. Approximately 1 hour.

Location: School assembly hall (e.g. theater, gym, cafeteria)

Run of Show

時刻 内容
10:00-10:05 学習意欲を高めるビデオを1本視聴して開始する。
10:05-10:15 校長がコンピューターサイエンス重要性を紹介します。統計情報やインフォグラフィックを利用します。
10:15-10:30 スペシャルゲストに、ゲストの背景、およびテクノロジーやコンピューターサイエンスが日常生活にどのように重要な役割を果たしているか話をしてもらいます。
10:30-10:40 生徒にHour of Codeのデモを依頼します。 楽しい工夫: 校長、政治家、または他の生徒に教えてみましょう!
10:40-11:00 生徒によるオフラインのアクティビティのデモ。コンピューターサイエンスはコンピューターがなくても教えられることを見てもらいます。
11:00-11:05 このイベントを主催した先生に、閉会の言葉を頂きましょう。

サインアップ